☆特別企画 -2020年プロ野球順位予想-

2020年のプロ野球は新型コロナウィルスの影響で開幕が遅れ、ようやく6月19日からセ、パ両リーグが同時にスタートしました。試合数は各球団120で、例年より24試合減となっています。パは1カード6連戦という変則日程を組むなどリーグの苦心がうかがえます。
東京プロ野球記者OBクラブとして初めての試みとして、毎月の執筆者による「順位予想」をすることになりましたのでお知らせします。

荻野 通久(日刊ゲンダイ)
▽セ・リーグ ①広島②ヤクルト③巨人④DeNA⑤中日⑥阪神
▽パ・リーグ ①楽天②ロッテ③西武④ソフトバンク⑤オリックス⑥日本ハム
セ・リーグ=120試合制で勢いを重視。監督交代した広島、ヤクルトがチームの気分一新で優勝争い。逆に監督通算14年目の原巨人はマンネリムードでAクラスがやっと。感染者を出した阪神はコロナウイルスに祟られ最下位。
パ・リーグ=新監督の楽天が優勝最右翼。ロッテは佐々木朗希入団で盛り上がる。西武は投手陣に負担が大きい過密日程が強力打線に有利に働く。日本シリーズは強いが公式戦は取りこぼすソフトバンクは公式戦短縮がマイナス。

菊地 順一(デイリースポーツ)
▽セ・リーグ ①巨人②広島③DeNA④中日⑤阪神⑥ヤクルト
▽パ・リーグ ①楽天②ソフトバンク③ロッテ④西武⑤オリックス⑥日本ハム
セ・リーグ=巨人は投手陣の層が厚い。長いイニングOKの先発がそろう。パーラが下位の打線は脅威。広島はシーズンの戦い方を知る。DeNAはオースティン次第、中日は投打ともに若手が台頭、阪神、ヤクルトは総合力で劣る。
 パ・リーグ=大型補強の楽天に期待する。辰巳の成長で攻撃の幅が広がる。対抗はソフトバンクでやはり戦力がそろう。ロッテは投打のバランスがいい。西武は打ち勝つ野球が続かない。オリックス、日本ハムは投打ともにVは戦力が欠ける。

佐竹 修仁(産経)
▽セ・リーグ ①広島②DeNA③巨人④中日⑤ヤクルト⑥阪神
▽パ・リーグ ①ソフトバンク②西武③ロッテ④オリックス⑤日本ハム⑥楽天
セ・リーグ=巨人は菅野頼み。かといって酷使すれば最後まで持たない。あと1勝が欲しいところで勝てない勝負弱さもある。となると、試合運びがうまい広島に分があるだろう。ただ、佐々岡新監督の手腕が未知数なので、混戦確実で横一線。
パ・リーグ=例年より23試合少ないとはいえ、120試合の集中決戦。酷暑も予想され、最後は層の厚さが雌雄を決する。特に投手陣の充実ぶりからソフトバンクを1位に置いた。ロッテは160キロ超ルーキー佐々木への期待度で上位に。

佐藤 彰雄(スポーツニッポン)
▽セ・リーグ ①DeNA②巨人③阪神④中日⑤広島⑥ヤクルト
▽パ・リーグ ①ソフトバンク②西武③楽天④ロッテ⑤オリックス⑥日本ハム
セ・リーグ=混戦に乗じてDeNAラミレス監督が優勝戦線に殴り込みをかける。昨季2冠の外国人選手ソトを軸に打が健在。筒香の穴を埋める。巨人は滑り出し4連勝と開幕ダッシュに成功したが、波が最後まで続くかどうか。伏兵は投打のバランスがとれた阪神か。
パ・リーグ=昨季、リーグ優勝を逃しながら日本一となったソフトバンクの底力(総合力)は今年も安泰とみる。これを他がどう追い落とすか。悔しさを晴らしたい西武。則本昂ら投手陣が充実している楽天。ロッテへの興味は凄腕ルーキー佐々木朗につきる。

山田 收(報知)
▽セ・リーグ 巨人②DeNA③広島④中日⑤阪神⑥ヤクルト
▽パ・リーグ ソフトバンク②楽天③ロッテ④西武⑤日本ハム⑥オリックス
セ・リーグ=120試合、6連戦主体を考えると①先発投手の数と質②選手層の厚さ③1枠増えた外国人がポイント。総合すると巨人とDeNAが2強か。苦手な交流戦がないことで、一気に順位変動の場面も少なく安定力がカギとなる。
パ・リーグ=ポイントはセと同様。加えて同一カード6連戦をいかに戦うか。戦力的にはソフトバンクが頭ひとつ抜けている。大量補強の楽天がどう迫るか。昨季ホークスに勝ち越したロッテは、“朗希効果”も期待してのAクラス。3連覇を狙う西武は、投手力不安が拭えない。

露久保 孝一(産経)
▽セ・リーグ ①ヤクルト②広島③巨人④DeNA⑤阪神⑥中日
▽パ・リーグ ①ロッテ②ソフトバンク③西武④楽天⑤オリックス⑥日本ハム
セ・リーグ=ヤクルトはトリプル・スリーの山田、本塁打王狙う村上、好打・青木と打線は強力。投踏ん張れば混戦抜け出す。広島は大瀬良、鈴木の投打の軸が安定し若手台頭。巨人は坂本、岡本、丸ら打線そろうが投の崩れ心配。
 パ・リーグ=ロッテの下馬評は低いが、今年のプロ野球を明るくするのは新人・佐々木朗だ。10勝以上あげチームに弾みをつける。総合力トップのソフトバンクに強いロッテが優勝争いを制す。西武は山川、中村のダブル大砲が魅力。

小林 達彦(ニッポン放送)
▽セ・リーグ ①巨人②横浜③広島④ヤクルト⑤阪神⑥中日
▽パ・リーグ ①ソフトバンク②楽天③ロッテ④西武⑤日本ハム⑥オリックス
セ・リーグ=巨人は選手層が厚く投打のバランスがそろう。DeNAは抑え山崎がいいだけに先発投手がキーに。広島は佐々岡新監督の采配次第。ヤクルトはバレンティンの穴をどう埋めるか。中日は30歳前後の選手がうまくハマれば面白い。
 パ・リーグ=ソフトバンクは強力打線に、若い高橋の台頭など投手陣も盤石。楽天は野村イズムの申し子、三木新監督の采配に期待。ロッテはレギュラーに経験者が多くレアードが好調。西武は打線中心で打に不安。パは大混戦間違いなし!

真々田 邦博(NHK)
▽セ・リーグ  ①巨人②DeNA③広島④中日⑤阪神⑥ヤクルト
▽パ・リーグ  ①ソフトバンク②楽天③西武④ロッテ⑤オリックス⑥日本ハム   
セ・リーグ=巨人は若手の成長と監督の采配に期待。DeNAは、外国人の打力は強力、若手投手力上昇。広島は、鈴木誠也を中心にチームワークの力。中日は、投手力の底上げが必要か。阪神は、投手力の充実と外国人の打力が未知数。ヤクルトは、新監督だが、戦力は苦しい。
 パ・リーグ=ソフトバンクは総合力で頭一つ抜けているか。楽天は、投打に補強でチーム力強化が見える。西武は、秋山の抜けた穴が埋められるか。ロッテは、昨年より戦力充実で波乱を起こせるか。オリックスは、ジョンーズの加入がプラスと出るか。日本ハムは、清宮ら若手の成長が見えてこない。

菅谷 齊(共同通信)
▽セ・リーグ ①DeNA②広島③巨人④阪神⑤ヤクルト⑥中日
▽パ・リーグ ①西武②ロッテ③ソフトバンク④楽天⑤日本ハム⑥オリックス
優勝ライン70勝とし、投手陣に例年以上のポイントを置いた。まずタイトな日程から若い投手をそろえているか。次に今年は延長10回打ち切りなので投手を何人も投入してくることが考えられ、60-70点平均の投手を数多くそろえたチームが有利とした。

蛭間 豊章(報知)
▽セ・リーグ ①巨人②広島③DeNA④ヤクルト⑤中日⑥阪神
▽パ・リーグ ①ソフトバンク②西武③日本ハム④楽天⑤ロッテ⑥オリックス
セ・リーグ=投手陣の層が厚いジャイアンツで決まりでしょう。打線がやや迫力に欠けるが若手が伸びていることを考え本命に推します。対抗は練習試合で不調だった森下次第ですが、カープを2位に。3位以下は投手陣に不安のあるチームばかりなので、どこが3位に入ってもおかしくない。ジャイアンツ、カープのマッチレースを期待しています。
パ・リーグ=開幕が遅れて故障した選手が間に合いそうなホークス。地力もあって秋山の抜けたライオンズをおさえて優勝するのではないでしょうか。こちらはセ・リーグと違って4位まではクライマックスシリーズ出場権をかけた2位までに入る混戦になると思います。

2020年 順位予想
(略称セ B=DeNA、C=広島、D=中日、G=巨人、S=ヤクルト、T=阪神)
(略称パ Bu=オリックス、E=楽天、F=日本ハム、H=ソフトバンク、L=西武、M=ロッテ)

順 位 荻 野 菊 地 小 林 佐 竹 佐 藤 菅 谷 露久保 蛭 間
々田
山 田
セ・リーグ 1 C G G C B B S G G G
2 S C G C C C B B
3 G C G T G G B C C
4 D S D D T B S D D
5 D T T S C S T D T T
6 T S D T S D D T S S
パ・リーグ 1 E E H H H L M H H H
2 M H E L L M H L E E
3 L M M M E H L F L M
4 H L L Bu M E E E M L
5 Bu Bu F F Bu F Bu M Bu F
6 F F Bu E F Bu F Bu F Bu

順位統計(得点 1位6点、2位5点、3位4点、4位3点、5位2点、6位1点)

得点
セ・リーグ B 2 4 2 2 0 0 46
C 2 4 3 0 1 0 46
D 0 0 0 5 2 3 22
G 5 1 4 0 0 0 51
S 1 1 0 2 2 4 25
T 0 0 1 1 5 3 20
パ・リーグ Bu 0 0 0 1 5 4 17
E 2 3 1 3 1 1 43
F 0 0 1 0 4 5 17
H 6 2 1 1 0 0 53
L 1 3 3 3 0 0 42
M 1 2 4 2 0 0 38

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です