「100年の道のり」-日本プロ野球の歴史(菅谷 齊=共同通信)

日本で観戦者から入場料をいただいて試合を行う、いわゆるプロ野球が始まったのは1920年代の初頭だった。大正時代の終盤である。その後、昭和に入ってリーグ戦が誕生して現在に至るのだが、日本のプロ野球は間もなく100年になろうとする。どのような道のりを歩んできたのだろうか。

 

「100年の道のり」(43)-日本プロ野球の歴史(菅谷 齊=共同通信)

◎選手集めにスカウト合戦-その3(完)  残る2チームは東京セネタースと大東京である。  東京セネタースは旧西武鉄道を経営母体とし、オーナーは伯爵の有馬頼寧(よりやす)。今では考えられない選手獲得が繰り広げられた。  投 […]

「100年の道のり」(42)-プロ野球の歴史-(菅谷 齊=共同通信)

◎選手集めにスカウト合戦-その2 1936年スタートのリーグ戦には7球団がエントリー。名古屋を本拠にしたチームが2つあった。「名古屋軍」(以下名古屋)と「名古屋金鯱軍」(以下金鯱)である。  名古屋は選手集めに苦労した。 […]

「100年の道のり」(41)-プロ野球の歴史(菅谷 齊=共同通信)

◎選手集めにスカウト合戦-その1  正力松太郎がぶち上げた日本のプロ野球構想。巨人はその先陣としてチームを編成し、米国遠征を行った。プロ野球のリーグ戦がスタートした1936年(昭和11年)は7球団が参加して行われた。   […]

「100年の道のり」(40)-プロ野球の歴史(菅谷 齊=共同通信)

◎球史に残る選手を次々に獲得した阪神  阪神は選手集めに必死だった。すでに戦力を整えている巨人に立ち向かうために、あらゆる情報を集めた。  契約1号は門前真佐人という広島・広陵中の捕手である。1935年(昭和10年)10 […]