「100年の道のり」-日本プロ野球の歴史(菅谷 齊=共同通信)

日本で観戦者から入場料をいただいて試合を行う、いわゆるプロ野球が始まったのは1920年代の初頭だった。大正時代の終盤である。その後、昭和に入ってリーグ戦が誕生して現在に至るのだが、日本のプロ野球は間もなく100年になろうとする。どのような道のりを歩んできたのだろうか。

 

第7回 ついに来た天下のホームラン王(菅谷齊=共同通信)

▽ポスターを見て、ベーブが笑った 正力松太郎の大望は、もはや執念だった。  「惣さん、ルースを呼んでくれ」  鈴木惣太郎を呼び、アメリカへ渡ってくれ、と御大は言った。頼りは鈴木しかいなかった、というのが実情だった。  1 […]

コメントなし

第6回 大リーグ最大のピンチを救ったベーブ・ルース(菅谷 齊=共同通信)

▽ブラックソックス事件 そのスキャンダルはワールドシリーズが舞台だった。1919年、絶対有利と下馬評の高かったア・リーグのシカゴ・ホワイトソックスがナ・リーグのシンシナチ・レッズに敗れたところから、八百長のうわさが広まり […]

コメントなし

第5回 波乱の19世紀、20世紀に発展

▽日本球界夜明けのころ、大リーグは… 昭和に入ると、日本では人気スポーツの野球をビジネスにしよう、との動きが出た。それを実現のために奔走したのが正力松太郎である。1931年(昭和6年)に大リーグ選抜を招き、野球の醍醐味を […]

コメントなし

第4回 すごさを見せつけた大リーガーたち

▽ゲーリッグ、グローブがやってきた 大リーグ選抜チームは1931年(昭和6年)10月29日午後零時30分、横浜港に着いた。竜田丸から選手が次々と降りてきた。  臨時列車が用意され、一行は横浜埠頭から東京に向かった。東京駅 […]

コメントなし