◎2021年セ・パ両リーグのペナントレース順位予想
(注・ソフト=ソフトバンク、日ハム=日本ハム、オリック=オリックス)

▽安藤 榮樹(内外タイムス)
セ 1、巨人 2、阪神 3、中日 4、広島 5、DeNA 6、ヤクルト
パ 1、西武 2、ソフト 3、楽天 4、日ハム 5、ロッテ 6、オリック
▽岡田 忠(朝 日)
セ 1、巨人 2、阪神 3、広島 4、中日 5、ヤクルト 6、DeNA
パ 1、ソフト 2、西武 3、ロッテ 4、楽天 5、オリック 6、日ハム
▽荻野 通久(日刊ゲンダイ)
セ 1、阪神 2、巨人 3、広島 4、中日 5、DeNA 6、ヤクルト
パ 1、楽天 2、ソフト 3、西武 4、ロッテ 5、オリック 6、日ハム
《寸評》セは、藤波復活、大物新人佐藤加入で戦力アップの阪神と巨人の一騎打ち。 巨人はメジャー移籍断念の菅野のモチベーション低下が不安材料。パは、田中復帰で盛 り上がる楽天と日本一ソフトバンクの対決。決め手は涌井、田中、岸、則本、新人・早川の楽天の強力先発陣。
▽菊地 順一(デイリースポーツ)
セ 1、巨人 2、阪神 3、広島 4、中日 5、DeNA  6、ヤクルト
パ 1、ソフト2、楽天 3、西武 4、ロッテ5、オリック6、日ハム
《寸評》セは、巨人の戦力は他球団を圧倒。阪神は佐藤輝の加入大きいが矢野監督の采 配が心配だ。広島は投手陣が整備され機動力野球が復活すれば期待できる。パは、ソフトトバンクが選手層厚く投手陣の質量は抜群。楽天は田中将の復帰に期待。西武は森、山川が復調し、ロッテは若手選手の成長がカギとなる。
▽小林 達彦(ニッポン放送)
セ 1、巨人 2、阪神 3、中日 4、広島 5、DeNA 6、ヤクルト
パ 1、ソフト 2、楽天 3、西武 4、オリック 5、ロッテ 6、日ハム
▽佐藤 彰雄(スポーツニッポン)
セ 1、巨人  2、広島 3、阪神  4、中日   5、DeNA 6、ヤクルト
パ 1、ソフト 2、西武 3、楽天  4、オリック 5、ロッテ  6、日ハム
▽菅谷 齊(共同通信) 
セ 1、広島 2、阪神 3、巨人 4、中日 5、DeNA 6、ヤクルト
パ 1、ソフト 2、オリック 3、西武 4、楽天 5、ロッテ 6、日ハム
▽高田 実彦(東京中日スポーツ)
セ 1、巨人 2、広島 3、中日 4、阪神 5、ヤクルト 6、DeNA
パ 1、西武 2、ロッテ 3、ソフト 4、オリック 5、日ハム 6、楽天
▽田中 勉(時事通信)
セ 1,阪神 2,広島  3,巨人  4,中日   5,ヤクルト 6,DeNA
パ 1,楽天 2,ソフト 3,西武  4,オリック 5,ロッテ  6,日ハム
▽露久保 孝一(産 経)
セ 1、広島 2、巨人 3、ヤクルト 4、阪神 5、中日 6、DeNA
パ 1、西武 2、ソフト 3、楽天 4、ロッテ 5、オリック 6、日ハム
《寸評》セは、下馬評の高い巨人と阪神に投手陣不安定の弱みあり、広島が好調打線と 機動力で混戦を抜け出す。パは、西武が強力打線でソフトバンク、楽天に打ち勝つ。
▽中野 義男(フジテレビ)
セ 1、ヤクルト 2、広島 3、阪神 4、DeNA 5、巨人 6、中日
パ 1、西武 2、ソフト 3、オリック 4、楽天 5、ロッテ 6、日ハム
《寸評》巨人はBクラスで原監督辞任へ。ヤクルトは村上がチーム引っ張り、本塁打王と 打点王に輝く。首位打者はDeNAの牧がとり新人王に。パは、オリックスが台風の目になる。日ハムは最下位で栗山監督が責任取り辞任。今季は各球団が大敵(コロナ)とどう闘うかが大きなポイント。その戦略によって順位にも影響を与えそうだ。
▽真々田 邦博(NHK)
セ 1、巨人 2、阪神 3、中日 4、広島 5、DeNA 6、ヤクルト
パ 1、ソフト 2、楽天 3、西武 4、ロッテ 5、オリック 6、日ハム
▽山田 収(報 知)
セ 1、巨人 2、阪神 3、広島 4、中日 5、ヤクルト 6、DeNA
パ 1、ソフト 2、楽天 3、西武 4、ロッテ 5、オリック 6、日ハム