ご紹介

2024.06.01 最新の投稿を更新しました
2024.04.01 {特 集}東京プロ野球記者OBクラブ理事による2024年公式戦の順位予想
       第6回ヤナセ杯港区少年野球チャンピオンシリーズ
2024.02.01 HP7年目の挨拶
東京プロ野球記者OBクラブのホームページ(HP)は、リニューアルから丸6年を経過し、この2月から7年目に入りました。これまでの記事を読んでいただいた野球愛好家の皆様に感謝を申し上げます。ベテラン記者の体験による記事は、さすがに中身が濃いと自負しておりますが、さらなる興味ある記事を掲載する決意です。早速2月から新連載が始まることをお知らせいたします。今後ともよろしく。2024年2月1日、会長・菅谷 齊=共同通信
▽お知らせ
1、新連載2本
①「しゃべって、出会って」(近藤 雄介=フジテレビ)
②「スポーツアナウンサーの喜怒哀楽」(佐塚 元章=NHK)
2、記事掲載の変更
「大リーグ見聞録」(荻野 通久=日刊ゲンダイ)はこの2月から随時掲載となります。
2023.12.01 2023年度総会・懇親会
2023.06.21 7月から新企画4本がスタートいたします。
どうぞご期待ください。タイトルと筆者は次の通りです。
 ▽「ノンプロ魂」-(中島 章隆=毎日)
 ▽「ONの尽瘁(じんすい)」-(玉置 肇=日刊スポーツ)
 ▽「たそがれ野球ノート」-(小林 秀一=共同通信)
 ▽「記録の交差点」―(山田 収=報知)
2023.04.01 {特別企画}東京プロ野球記者OBクラブ理事による2023年公式戦の順位予想
2023.04.01 ヤナセ杯が再開、決勝はサヨナラ本塁打
2022.12.01 「特集」プロ野球2022年、ベテラン記者が語る
2020.02.01 ヤナセ・ニュース巨人・阿部慎之助選手が3度目の受賞
2020.02.01 新連載 「菊とペン」

最新の投稿

◎日米通算記録の独立(菅谷 齊=共同通信)

大リーグが黒人リーグの記録を組み入れ、新たな記録を整備した。このニュースを日本のプロ野球界はどのように聞き、反応するのだろうか。  通算打率とシーズン打率の1位は黒人リーグのジョシュ・ギブソンになった。3割7分2厘と4割 […]

「100年の道のり」(77)プロ野球の歴史-(菅谷 齊=共同通信)

◎不正試合の横行と選手会の創立  戦後すぐ復活したプロ野球は多くのファンから支持を受けた。戦前の1934年(昭和9年)に日米野球で来日したベーブ・ルースのホームランを見た人々にとって、プロ野球復活は何よりも代えがたい娯楽 […]

「ONの尽瘁(じんすい)」(12)―(玉置 肇=日刊スポーツ)

王貞治の巨人監督就任2シーズン目は61勝60敗9分け。辛くも5割は死守したものの、前年に続く3位に終わった。指揮官は勝負をかけた3シーズン目に向け、1985(昭和60)年オフ、トレードやドラフトによる意欲的な戦力補強でチ […]

「野球とともにスポーツの内と外」(61)-(佐藤 彰雄=スポーツニッポン)

◎帰る場所があるということ  「懐郷(かいきょう)」という言葉があります。辞書には「故郷を懐かしく思うこと」(広辞苑)とありました。母国を離れて異国で過ごす日々。やりたいことがどうにも出来ずに壁にぶつかっているとき、その […]

第77回「青」(島田 健=日本経済)

◎横浜ブルー ▽野球少年 シンガーソングライターの秦基博は1980(昭和55)年生まれ。宮崎県日南市で誕生したが、一家は88年7月に横浜市青葉区(当時は緑区)に転居した。その頃から野球を始めてリトルリーグに入った。「プロ […]

「大リーグ見聞録」(76)-(荻野 通久=日刊ゲンダイ)

◎変わる日米球団の関係 ▽タンパリング疑惑  少し前の話になるが、MLBが傘下30球団に日本のプロ野球をはじめ、外国のリーグ、チームと業務関係を結ばないように通達を出した。目的はタンパリング防止。将来の大リーグ移籍に向け […]

「菊とペン」(52)-(菊地 順一=デイリースポーツ)

◎現役時代に危うく警察沙汰になりかけた取材… 取材にはアクシデントが付き物で、ドジを踏んだことが何度かあった。 30代半ばの頃だった。某球団の本社筋の××氏宅に夜回りした。重役クラスである。 自宅はマンションだ。7時前に […]

「ノンプロ魂」(12)-(中島 章隆=毎日)

◎第4回 名将の空白埋めた3年間・野村克也(下)  社会人野球・シダックスの真っ赤なユニホームにそでを通した野村克也の1年目は、社会人野球の最高峰、都市対抗野球大会で決勝戦まで勝ち進みながら「あと3イニング」で3点リード […]

次の文章で正しい場合は〇を、間違っている場合は×を付けて下さい。

-問 題- 1、 巨人の原辰徳は新人王とMVPを同じ年に選ばれている 2、 内川はセ、パ両リーグで首位打者となった2人目である 3、 ソフトバンクの柳田悠岐は最高出塁率を5年連続で1位となったことがある 4、 勝率1位、 […]

「いつか来た記者道」(72)-(露久保 孝一=産経)

◎熱いプレーを盛り上げる判定の魔術師  グランドで繰り広げられるプレーには、選手の喜怒哀楽がある。ベンチでは監督、コーチの表情が変化する。一投、一打ごとに試合は動くが、そのプレーに「善し悪し」を与える人間がいる。この人間 […]

「記録の交差点」(12)-(山田 收=報知)

◎第12回 佐々木朗希(ロッテ)①  これまで、坂本勇人、中村剛也という現在のプロ野球界を代表するベテラン野手が築き上げてきた数字と今後への期待を軸に、先人たちが残してきた偉大な記録との邂逅を取り上げてきた。  今回から […]

「たそがれ野球ノート」(12)-(小林 秀一=共同通信)

◎ありがとう、馬立さん 野球記者として取材経験を重ね、その後NPB(コミッショナー事務局)に移り法規部長の要職などに身を置いて、プロ野球界の内部を知り尽くした人。その一方で持ち前の英語力を生かしてMLBにも詳しく、来日外 […]

「しゃべって、出会って」(5)-(近藤 雄介=フジテレビ)

◎エースはみんなカナヅチ?  登板を終えたピッチャーは肩や肘を冷やします。大きな、氷のう? とは言わないですね。アイスバッグというそうですね。  氷が入った大きなバッグをテーピングでグルグルに巻きつけて試合後のインタビュ […]

「スポーツアナウンサーの喜怒哀楽」(5)-(佐塚 元章=NHK)

◎放送席から見たプレーの真相と興奮  スポーツアナウンサーの究極の職場は“放送席”です。北は札幌円山球場から南は沖縄奥武山球場まで全国各地の放送席から実況した私ですが、プロ野球のホームグランドの放送席は「実家」みたいな感 […]

MENU
PAGE TOP