ご紹介

2024.03.01 最新の投稿を更新しました
2024.02.01 HP7年目の挨拶
東京プロ野球記者OBクラブのホームページ(HP)は、リニューアルから丸6年を経過し、この2月から7年目に入りました。これまでの記事を読んでいただいた野球愛好家の皆様に感謝を申し上げます。ベテラン記者の体験による記事は、さすがに中身が濃いと自負しておりますが、さらなる興味ある記事を掲載する決意です。早速2月から新連載が始まることをお知らせいたします。今後ともよろしく。2024年2月1日、会長・菅谷 齊=共同通信
▽お知らせ
1、新連載2本
①「しゃべって、出会って」(近藤 雄介=フジテレビ)
②「スポーツアナウンサーの喜怒哀楽」(佐塚 元章=NHK)
2、記事掲載の変更
「大リーグ見聞録」(荻野 通久=日刊ゲンダイ)はこの2月から随時掲載となります。
2023.12.01 2023年度総会・懇親会
2023.06.21 7月から新企画4本がスタートいたします。
どうぞご期待ください。タイトルと筆者は次の通りです。
 ▽「ノンプロ魂」-(中島 章隆=毎日)
 ▽「ONの尽瘁(じんすい)」-(玉置 肇=日刊スポーツ)
 ▽「たそがれ野球ノート」-(小林 秀一=共同通信)
 ▽「記録の交差点」―(山田 収=報知)
2023.04.01 {特別企画}東京プロ野球記者OBクラブ理事による2023年公式戦の順位予想
2023.04.01 ヤナセ杯が再開、決勝はサヨナラ本塁打
2022.12.01 「特集」プロ野球2022年、ベテラン記者が語る
2020.02.01 ヤナセ・ニュース巨人・阿部慎之助選手が3度目の受賞
2020.02.01 新連載 「菊とペン」

最新の投稿

◎オープン戦の土、日主催(菅谷 齊=共同通信)

2024年のプロ野球も2月からオープン戦が始まった。1日のキャンプインを経て3週間ほどで実践練習に入ったわけで、初めは若手選手の力を判断し、徐々に主力の本格調整に移って行く。チーム内の競争がオープン戦の大きな目的でもある […]

コメントなし

「ONの尽瘁(じんすい)」(9)―(玉置 肇=日刊スポーツ)

波乱の幕開けだった。PL学園(大阪)の「KKコンビ」清原和博、桑田真澄をめぐる1985(昭和60)年のドラフト会議は1位指名から予想外の展開となった。同年の日本シリーズ優勝はセ・リーグの阪神だったため,指名はパの6位から […]

コメントなし

「100年の道のり」(74)プロ野球の歴史-(菅谷 齊=共同通信)

◎3万円ホールドアウト事件  戦後すぐに行われた東西対抗に巨人の主力だった川上哲治は参加していない。故郷の熊本・人吉にいた。食糧難克服のため農業で生活を支えていた。間もなく巨人に戻るのだが、その条件として「3万円の契約金 […]

コメントなし

「インタビュー」江夏豊(3 最終回)-(聞き手・露久保 孝一=産経)

◎メジャー挑戦は貴重な財産となった  1985(昭和60)年4月、大リーグのブリュワーズを自由契約になり、江夏投手のメジャー挑戦は終わった。引退後はプロ野球解説者や評論家として活動し、時折、俳優やタレントとして出演したこ […]

コメントなし

「野球とともにスポーツの内と外」(58)-(佐藤 彰雄=スポーツニッポン)

◎「108」に秘められているもの  大みそか(12月31日)の夜。厳かにゴ~ンと鳴り響く年越し行事の「除夜の鐘」は「百八つ」撞(つ)かれます。なぜ「108」なのか? これは理由がハッキリと伝えられています。つまり「108 […]

コメントなし

第74回「塁を全て埋めろ」(島田 健=日本経済)

◎ザ・野球の唄 ▽少しベタ 歌詞は「野球のボールとバットを手にして生まれた 父親は彼が立てるようになるやバットを振らせた 球場に立つや打席の王となった」で始まる。投手ではなく打者だが、まるで「巨人の星」の星飛雄馬のようで […]

コメントなし

「大リーグ見聞録」(73)-(荻野 通久=日刊ゲンダイ)

◎大物外国人打者はもう来ない ▽国内外に2つの理由  2024年のプロ野球は3月29日にセ、パ両リーグ揃って開幕する。今季も元メジャーリーガーを含め、12球団に約30人の外国人選手が新たに入団した(支配下選手)。とはいえ […]

コメントなし

「菊とペン」(49)-(菊地 順一=デイリースポーツ)

◎36年前、巨人の開幕戦は雪が降った 公園のベンチで夕刊を読んでいると、右肩に軽い衝撃を感じた。なんだ? 見るとどうやら鳥のフンである。夕刊にもはねている。左手の缶ビールは無事だった。 もう少しで顔面直撃である。犯人は鳩 […]

コメントなし

「ノンプロ魂」(9)-(中島 章隆=毎日)

◎第3回 アマ球界随一の名将・大久保秀昭(下)  「もうちょっと試合をしたかった。また来年、今度は予選があるから頑張ります」。ENEOSを率いる大久保秀昭がこう振り返ったのは2023年7月20日の東京ドームだ。史上初の3 […]

コメントなし

今回は日米の球団とフランチャイズの問題です。Ⅰ群の球団の関係のあるフランチャイズをⅡ群から選んで下さい。(ヒント2か所の球団もあります)

-問 題- -Ⅰ 群- 1、 ドジャース 2、ジャイアンツ 3、アスレチックス 4、ブレーブス 5、ロッテ 6、日本ハム、7、オリックス -Ⅱ 群- A、 フィラデルフィア B、ボストン C、ブルックリン D、カンザスシ […]

コメントなし

「いつか来た記者道」(69)-(露久保孝一=産経)

◎受けたシンヤの「大岡裁き」TV70年と野球  プロ野球の試合観戦を楽しませているテレビ放送は、2023年にプロ野球中継70年を迎えた。日本は昭和30年代前半、高度成長期に入り、プロ野球は西鉄ライオンズが強豪巨人を倒して […]

コメントなし

「記録の交差点」(9)-(山田 收=報知)

◎第9回 中村剛也(西武)④  現役最高のホームランバッターは現在、通算471本塁打。現役2位の中田翔(中日)に168本差をつけて“独走”状態である。本塁打王のタイトル獲得は、2008年(46本)、09年(48本)、11 […]

コメントなし

「たそがれ野球ノート」(9)-(小林 秀一=共同通信)

◎懐かしいキャンプ航空便 いつの間にかプロ野球12球団のキャンプ地は沖縄と宮崎にまとまってしまった。かつては関西の有力球団阪神、阪急が高知を本拠地にし、さらに西武も乗り込んで、キャンプを取材する多くのメディアのベースは高 […]

コメントなし

「しゃべって、出会って」(2)-(近藤 雄介=フジテレビ)

◎評判の「ガハハハ~」で締めるために  試合の中継やスポーツ報道番組「プロ野球ニュース」でキャスターを務め、多くの往年の名プレーヤーと仕事をさせてもらいました。すでに亡くなった方も多い。  通算310勝の別所毅彦さんとは […]

コメントなし

「スポーツアナウンサーの喜怒哀楽」(2)-(佐塚 元章=NHK)

◎クモ男との遭遇(後編) ▽9分間実況は適切だったか、自問自答続く  忍者姿の覆面男が広島市民球場のバックネットによじ登った「珍事」は、少なからず衝撃をもたらした。1990(平成2)年5月12日夜、私が実況するNHK総合 […]

コメントなし
MENU
PAGE TOP