ご紹介

2024.07.01 最新の投稿を更新しました
2024.07.01 2024年度総会・懇親会を開催
       ◎連載休刊のお知らせ=「ノンプロ魂」(中島=毎日)は7月から休刊とします。
2024.04.01 {特 集}東京プロ野球記者OBクラブ理事による2024年公式戦の順位予想
       第6回ヤナセ杯港区少年野球チャンピオンシリーズ
2024.02.01 HP7年目の挨拶
東京プロ野球記者OBクラブのホームページ(HP)は、リニューアルから丸6年を経過し、この2月から7年目に入りました。これまでの記事を読んでいただいた野球愛好家の皆様に感謝を申し上げます。ベテラン記者の体験による記事は、さすがに中身が濃いと自負しておりますが、さらなる興味ある記事を掲載する決意です。早速2月から新連載が始まることをお知らせいたします。今後ともよろしく。2024年2月1日、会長・菅谷 齊=共同通信
▽お知らせ
1、新連載2本
①「しゃべって、出会って」(近藤 雄介=フジテレビ)
②「スポーツアナウンサーの喜怒哀楽」(佐塚 元章=NHK)
2、記事掲載の変更
「大リーグ見聞録」(荻野 通久=日刊ゲンダイ)はこの2月から随時掲載となります。
2023.12.01 2023年度総会・懇親会
2023.06.21 7月から新企画4本がスタートいたします。
どうぞご期待ください。タイトルと筆者は次の通りです。
 ▽「ノンプロ魂」-(中島 章隆=毎日)
 ▽「ONの尽瘁(じんすい)」-(玉置 肇=日刊スポーツ)
 ▽「たそがれ野球ノート」-(小林 秀一=共同通信)
 ▽「記録の交差点」―(山田 収=報知)
2023.04.01 {特別企画}東京プロ野球記者OBクラブ理事による2023年公式戦の順位予想
2023.04.01 ヤナセ杯が再開、決勝はサヨナラ本塁打
2022.12.01 「特集」プロ野球2022年、ベテラン記者が語る
2020.02.01 ヤナセ・ニュース巨人・阿部慎之助選手が3度目の受賞
2020.02.01 新連載 「菊とペン」

最新の投稿

◎「時代を象徴した野次」の時代(菅谷 齊=共同通信)

その昔、プロ野球の応援といえば“野次”だった。各チームのファンの中に野次将軍がいて、軽妙洒脱な言葉だから思わず吹き出したり、つい「お見事」と声をかけたくなったものである。一つ紹介したい。  関西に阪神、阪急、近鉄、南海の […]

「ONの尽瘁(じんすい)」(13)―(玉置 肇=日刊スポーツ)

巨人監督・王貞治の3シーズン目の回顧を始める前に、その前年1985(昭和60)年の出来事で触れておきたいことがある。 王にとって、最愛の父との「別れ」である。 85年8月25日。チームは広島、名古屋と続く遠征の真っ只中に […]

「100年の道のり」(78)プロ野球の歴史-(菅谷 齊=共同通信)

◎「野球統制令」の廃止  プロ野球は、1936年(昭和11年)にスタートしたとき、実は文科省発布の「野球統制令」が法的要因になっていた。この統制令はその5年前に発布されたもので、人気沸騰で調子に乗って好き勝手にやっていた […]

「野球とともにスポーツの内と外」(62)-(佐藤 彰雄=スポーツニッポン)

◎「連鎖」の不思議  ガツン! その一撃は乾いた音を発し、白球は夕日に染まる茜色の空を切り裂きました。目指す“憧れの人”に届けとばかりに…。6月11日(日本時間同12日)にMLBドラフトリーグで「トレントン・サンダー」チ […]

第78回「スイング」(島田 健=日本経済)

◎ガールハント ▽打者へのヤジ 「ボールゲームへ連れて行って」と野球の唄定番の「テイク・ミー・トゥ・ザ・ボールゲーム」の出だしでスタートすると、いきなり速射砲の様に「スイング バッタ バッタ」「スイング バッタ バッタ」 […]

「大リーグ見聞録」(77)-(荻野 通久=日刊ゲンダイ)

◎野球選手はギャンブル好き? ▽競馬はスポーツ?賭け?  6月7日(現地)、ニューヨーク州サラドガ競馬場で行われた、米競馬三冠レースのベルモント・ステークスが大リーグ関係者の間で話題になった。勝ち馬の共同馬主が元メジャー […]

「菊とペン」(53)-(菊地 順一=デイリースポーツ)

◎あのノーヒットノーランの記憶はむせ返るような酒の匂いとともに… 今年もプロ野球に様々な記録が誕生している。5月24日には巨人・戸郷翔征、6月7日には広島・大瀬良大地の2人がノーヒットノーランを達成した。 レギュラーシー […]

次の選手はだれでしょう。

-問 題- 1、 捕手で首位打者となった3選手を挙げて下さい 2、 シーズン200安打を記録した最初の打者はだれですか 3、 “ミスター2塁打”の異名を取った打者はだれですか 4、 3選手同時に本塁打王を獲得したときの打 […]

「いつか来た記者道」(73)-(露久保 孝一=産経)

◎オリ姫が出会う年1度の恋するV  7月7日といえば、まず七夕を思い浮かべる。この日は、織姫と彦星が1年に1度だけ天の川で会える日である。プロ野球にも、実は「おりひめ」がいる。こちらは「オリ姫」で、1年に1度だけではなく […]

「記録の交差点」(13)-(山田 收=報知)

◎第13回 佐々木朗希②  前回から2022年4月10日、ロッテ・オリックス3回戦(zozoマリン)で20歳の右腕・佐々木が演じた完全試合プラス19奪三振&13連続奪三振という快記録尽くめの試合に焦点を当てている。今回は […]

「たそがれ野球ノート」(13)-(小林 秀一=共同通信)

◎名場面の裏で 巨人V9時代の中心選手だった柴田勲さんの話をじっくりとお聞きすることができた。先日、東京・内幸町のプレスセンターで開かれた野球記者OBクラブの総会でのこと。柴田さんの軽妙なおしゃべりに会場は何度も笑いに包 […]

「スポーツアナウンサーの喜怒哀楽」(6)-(佐塚 元章=NHK)

◎柴田さんからのレターが少年に夢を  2024年6月18日、東京プロ野球記者OBクラブの総会・懇親会が開催され、ゲストとして巨人軍V9の戦士・柴田勲さんが参加した。「赤い手袋」ならぬ、赤いスポーツシャツで颯爽と登場、その […]

MENU
PAGE TOP