ご紹介

2020.11.01 最新の投稿を更新しました
2020.02.01 ヤナセ・ニュース巨人・阿部慎之助選手が3度目の受賞
2020.02.01 新連載 「菊とペン」

最新の投稿

◎チーム作りの評価

プロ野球の監督は1年ごとの勝負、成果を問われる。優れた戦力を持っていても、勝てなければたたかれる。原因が主力選手の故障などによる戦列離脱があっても。  チーム作りは、だから大変な作業なのである。  長期展望に立って作るか […]

「セ・リーグDH採用で球界が変わる?」-(山田 收=報知)

第6回 DH制でパの野球が変化した  前述したように、DH制は、素晴らしい選手を誕生・復活させ、パ・リーグの歴史を彩った。単純にいえば、一般的に打撃力の劣る投手に代わって、打てる野手が加われば、打線の力は上がる。もちろん […]

「100年の道のり」(34)プロ野球の歴史-(菅谷 齊=共同通信)

◎7球団がそろい、プロ野球がスタート  巨人軍の全国遠征は野球熱に十分応えるもので、愛好家はプロ野球の発足を後押しした。「時代が求めている」と。  正力松太郎はこの機を逃さなかった。大阪、名古屋、福岡など主要都市のチーム […]

「野球とともにスポーツの内と外」-(佐藤彰雄=スポーツニツポン)

◎接近するプロとアマの差 プロボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は、2013年8月25日のプロデビュー戦で、東洋太平洋ミドル級王者の柴田明雄(ワタナベ)を2回TKOに下しました。 いくら村田が2012年 […]

第34回 ムーブメントとロケイション(島田 健=日本経済)

◎精密機械の身上 ▽先端のブルーグラス 英国の伝統音楽をベースに米国で発展した器楽中心の音楽がブルーグラス。パンチブラザースはマンドリンを中心にフィドル(バイオリン)、バンジョー、ギター、ベースの5人組。2006年(平成 […]

「大リーグ ヨコから目線」(34)-(荻野 通久=日刊ゲンダイ)

◎世界一ドジャースは単なる金満球団ではない ▽生え抜きがチームの主力 今年のワールドシリーズはドジャースがレイズを4勝2敗で破り、1988年以来、32年ぶりに世界一となった。ここ8年間、毎年、ポストシーズンに進出。201 […]

「評伝」野村克也

「考える月見草」(8) ◎お手本は中西太か山内一弘か 野村は、プロ入り後2年間はほとんどニ軍暮らしだった。上(一軍)を見れば、西鉄ライオンズに大下弘、中西太、大毎オリオンズには田宮謙次郎、榎本喜八、山内一弘という強打者が […]

今回は監督の問題です

-問題- 1、次のセ・リーグ球団の初優勝監督はだれでしょうか。   ①ヤクルト・スワローズ ②広島カープ 2、次のパ・リーグ球団の初優勝監督はだれでしょうか。   ①日本ハム・ファイターズ ②楽天イーグルス 3、下記の監 […]

「いつか来た記者道」(31)-(露久保孝一=産経)

◎正月大会を楽しんだプロ野球  2020年の日本シリーズは、新型コロナウイルス感染影響により例年より大幅に遅く実施される。11月21日に開幕し、最大で同月29日まで開催される予定である。前年は10月19日から23日まで戦 […]

PAGE TOP
MENU