ご紹介

2021.04.01 最新の投稿を更新しました
2021.04.03 「◎2021年プロ野球順位予想
2020.02.01 ヤナセ・ニュース巨人・阿部慎之助選手が3度目の受賞
2020.02.01 新連載 「菊とペン」

最新の投稿

◎20勝は夢の夢、昭和は遠くなりにけり

次のデータはセ・パ2リーグになってからの10年ごとの20勝投手の人数である。 ・1950(昭和25年)-59 セ56 パ37 ・1960(昭和35年)-69 セ41 パ44 ・1970(昭和45年)-79 セ16 パ21 […]

「セ・リーグDH採用で球界が変わる?」-(山田 收=報知)

第11回 セはDH制にどう向き合ったか(5)  セ.リーグのDH制反対論の源流を探っているが、今回は、現在ではやや首をかしげたくなる理由を取り上げたい。前2回からの続きで、1980年代のセ・リーグ文書から、見つけ出したも […]

「100年の道のり」(39)-プロ野球の歴史(菅谷 齊=共同通信)

◎“2・26事件“の時代に次々と球団創立  巨人に次いで球団を立ち上げたのは阪神タイガースである。1935年(昭和10年)の年の瀬、12月10日に「大阪野球倶楽部」として創立した。  年が明けて36年になると、続々と新球 […]

「野球とともにスポーツの内と外」-(佐藤 彰雄=スポーツニッポン)

◎エッ? 大谷? 会社員?  海の向こうのMLBでは、エンゼルス4年目の大谷翔平投手(26)が、オープン戦ながら投げては160キロ超え、打っては柵越え連発と絶好調。冴える“二刀流”に現地メジャーリーガーをして「な、何だ、 […]

第39回「野球小僧」-(島田 健=日本経済)

◎野球好きの極み ▽今は懐かし「ハイカツ」  1911(明治44)年生まれの灰田勝彦といえば、「鈴懸の径」など第2次大戦前後を通じて、紛れも無い第一線の流行歌手だった。ハワイ生まれの立教大卒。自らのチームで投手を還暦すぎ […]

「大リーグ ヨコから目線」(39)-(荻野 通久=日刊ゲンダイ)

◎「名将の時代」が終わったプロ野球、メジャーは… ▽監督で商売になるから  2021年のプロ野球は3月26日に、メジャーリーグも4月1日に開幕した。昨年はコロナ禍で試合数が日米とも短縮されたが、今年は本来の日程でペナント […]

「菊とペン」-(菊地 順一=デイリースポーツ)

◎監督とマッサージ嬢 現役時代、遊軍記者を5年ほど務めた。担当記者たちのバックアップと言えば聞こえはいいが、休みを取らせるための穴埋めだ。そんな遊軍時代の話を。   開幕間もない頃、関西地区での試合をカバーすることになっ […]

今回は球団の問題です。Ⅰ群の球団名と関係のあるⅡ群の項目を選んで下さい。

-問題- Ⅰ群 1、近畿グレートリング 2、急映フライヤーズ 3、大映スターズ 4、産業 5、大日本東京野球倶楽部 6、近鉄パールス 7、松竹ロビンス 8、西日本パイレーツ 9、アトムズ Ⅱ群 A、横浜DeNAベイスター […]

「いつか来た記者道」(35)-4(露久保孝一=産経)

◎大震災から10年、再び野球の底力を  2021年3月11日、多くの人の命を奪った東日本大震災から10年目を迎えた。東北ばかりでなく、関東の人たちも、あの日午後2時46分、第一波の大地震のあと余震が続き、恐怖の体験をした […]

PAGE TOP
MENU