ご紹介

2020.09.01 最新の投稿を更新しました
2020.02.01 ヤナセ・ニュース巨人・阿部慎之助選手が3度目の受賞
2020.02.01 新連載 「菊とペン」

最新の投稿

◎甲子園の一握の土

 2020年の高校球界は、新型コロナウィルスの影響をもろに受け、イレギュラーな1年となった、春の選抜は中止となり、その出場校は8月に「交流試合」と銘打って甲子園球場でのプレーをした。夏の選手権は予選から中止。その後、都道 […]

「セ・リーグDH採用で球界が変わる?」-(山田 收=報知)

第4回 DHが生んだ素晴らしき野球人②  外国人の長打力をクローズアップさせた指名打者制度。振り返れば1970年代はチャーリー・マニエル、クラレンス・ジョーンズ。80年代はレロン・リー。90年代はオレステス・デストラーデ […]

「100年の道のり」(32)-プロ野球の歴史(菅谷 齊=共同通信)

◎ハードな強化遠征試合で強豪の大連実業に連勝  東京ジャイアンツの行脚試合は、順調に消化し、プロとしての力を各地で見せつけた。強化試合が終わると、ただちに地元チームと紅白試合を行うなど、かなりハードだったが、プロ野球リー […]

「野球とともにスポーツの内と外」-(佐藤彰雄=スポーツニツポン)

◎鰯の頭も信心から   ▽500円のパターで かつてプロゴルフ界で面白い出来事がありました。2001年4月に開催された男子ツアー「中日クラウンズ」での横田真一プロです。 このところ、どうもパットの調子が上がらない横田プロ […]

第32回 ノーラン・ライアン-(島田 健=日本経済)

◎豪腕を讃える履歴書 ▽カントリー歌手が作詞作曲  2019年(令和1年)10月、400勝投手の金田正一さんが亡くなった。球界に貢献した名選手の訃報が一時世間を騒がせたが、あっという間に忘れ去られた。レジェンドでもこんな […]

「大リーグ ヨコから目線」-(荻野 通久=日刊ゲンダイ)

◎プレゼントも観戦の楽しみ ▽選手の名前入りグッズ  メジャーリーグ観戦の楽しみのひとつがプレゼントだ。球場の入り口などで様々なグッズが配布される。プレゼントのない日もあるが、日によって商品はいろいろ。 一番人気があるの […]

「菊とバット」-(菊地順一=デイリースポーツ)

◎監督候補に3人の近藤さん プロ野球もそろそろ折り返し点が近づいてきた。秋風とともに首筋が寒くなっている監督さんもいるだろう。  最近は以前に比べてアッと驚く監督人事が少なくなった。さまざまな理由があろうが、私、人材不足 […]

「評伝」山本泰

◎基本と頭脳のドジャース戦法でPL学園を甲子園初優勝に導く  PL学園を監督として甲子園の初優勝に導き、高校球界の雄とする道を作った山本泰さんが2020年8月11日未明に亡くなった。75歳だった。  実は、このOBクラブ […]

「評伝」野村克也

「考える月見草」(6)  ◎王の猛練習と努力に圧倒される 第1回東京五輪の翌年1965年に戦後初の三冠王に輝いたのを始め、野村は8年連続本塁打王や7回の打点王など数々のタイトルを取った。その活躍の背景にあったのは、ON、 […]

今回は2020年シーズンの監督の問題です。プロ入りするまでの経歴で( )の所属を埋めてください。

-問題- 1、西武 辻 発彦=佐賀東-(   )-西武 2、楽天 三木 肇=(   )-ヤクルト 3、ロッテ 井口資仁=国学院久我山-(   )-ダイエー 4、日本ハム 栗山英樹=(   )-東京学芸大-ヤクルト 5、D […]

「いつか来た記者道」(28)―(露久保孝一=産経)

◎熱きドラマ再現した帯広農業高 農業高校は野球ドラマをつくる、といきなり言われてもピンとこないと思うが、その名前をあげれば、なるほどとうなずく人は多いはずである。 甲子園高校野球がその舞台で、第2次世界大戦前は台湾の嘉義 […]

MENU