ご紹介

2021.10.01 最新の投稿を更新しました
2021.04.23 「◎2021年プロ野球順位予想
2020.02.01 ヤナセ・ニュース巨人・阿部慎之助選手が3度目の受賞
2020.02.01 新連載 「菊とペン」

最新の投稿

「セ・リーグDH採用で球界が変わる?」-(山田 收=報知)

第17回 セはDH制を採用すべし②  これまでは、セが何故DH制を採用しないか、という論理を展開してきた。前回で私は、導入賛成の立場を明らかにしたので、ここでは専門家たちの賛成理論を紹介したいと思う。  トップバッター( […]

◎大リーガーと日本選手に逆転現象-(菅谷 齊=共同通信)

秋になると、大リーグとの試合を思い出す。2018年に大リーグ選抜が来日して以来、日米野球は開催されていない。  2リーグになってから単独チームの来日多かった。大リーグのコミッショナーの意向で、1986年からほとんど選抜チ […]

「100年の道のり」(45)-日本プロ野球の歴史(菅谷 齊=共同通信)

◎NHK中継、巨人-阪神のスタート  産声を上げたばかりのプロ野球。当時は「職業野球」と呼ばれ、不安定な職業というのが国民の見方だった。けれども将来性を見込んだ業界もあった。  その一つがメディアである。  リーグが発足 […]

「野球とともにスポーツの内と外」-(佐藤 彰雄=スポーツニッポン)

◎“聖域”に踏み込むことの難しさ  やはり…なのでしょうか。ベーブ・ルースという米球界のレジェンド、というより、もはや米国の象徴の域にあるともいえる彼は、長い年月を経て今、アンタッチャブルの存在になってしまったのでしょう […]

第45回 Mr.アンダースロー- (島田健=日本経済)

◎大御所の売れるきっかけ ▽最初は形態模写 明石家さんまは、ビートたけし、タモリと並んでお笑い界のビッグ3と言われる大御所。とにかくよく喋るのが特徴だが、売れるきっかけはしゃべりではなかった。落語家を目指して二代目笑福亭 […]

「大リーグ ヨコから目線」(45)-(荻野 通久=日刊ゲンダイ)

◎大谷翔平に英語は必要? ▽渦巻く称賛と怨嗟の声  今年2021年のメジャーリーグは大谷翔平(エンゼルス)の年と言っても過言ではないだろう。 1918年のベーブ・ルース(当時レッドソックス、13勝、11本塁打)以来の2桁 […]

「菊とペン」-(菊地 順一=デイリースポーツ)

◎「ヤクザでもあそこまでは…」  昼下がりの編集局、目の前の電話が鳴った。出かける矢先だったが反射的に取った。「もしもし…」低く、それでいて威圧的な声だった。抗議の電話であると察知した。  「きょうの記事だけどな。オレは […]

2021年シーズンの一軍出場選手のうち、下記選手の指名の読み方を答えて下さい。

-問 題- 1、岡 大海 2、桂 依央利 3、風張 蓮 4、頓宮 裕真 5、金子 弌大 6、歳内 宏明 7、上林 誠知 8、塹江 敦哉 9、弓削 隼人

「いつか来た記者道」(41)-(露久保 孝一=産経)

◎スポーツ見て自分がヒーローに  夏が過ぎると「スポーツの秋」の到来である。子供たちが運動会で、一生懸命に取り組む姿が全国で見られる。しかしながら、2020年初めからの新型コロナウイルス禍が21年にもおよび、中止、延期が […]

◎元アナウンサー深澤弘さんを悼む(1)-(露久保 孝一=産 経)

▽大親友“ミスター長嶋”がショック  プロ野球の名実況で知られた元ニッポン放送アナウンサーの深澤弘(ふかさわ・ひろし)さんが2021(令和3)年9月8日、腎不全のため死去した。85歳だった。葬儀・告別式は同月16日、近親 […]

MENU
PAGE TOP