第4回ヤナセ杯

◎本村クラブ、4連覇の快挙=第4回ヤナセ杯

恒例の「ヤナセ杯」港区少年野球チャンピオンシリーズは第4回を迎え、2019年3月9日-10日の両日、東京・港区の埠頭グラウンドで行われ、本村クラブがオール麻布にサヨナラ勝ちし、第1回から4大会連続優勝を飾りました。
 本村クラブの2選手に、山本浩二氏のサイン入りバット(名球会賞)、江夏豊氏のサイン入りグラブ(アンダーアーマー賞)が贈られました。
 開会式では井出健康取締役会長が挨拶。プロ野球のシーズン401三振、オールスタ戦9連続三振などの大記録を持つ江夏豊氏をゲストに迎え、始球式、トークショーを行いました。
 試合は前年度のベスト4が出場し、第1日に準決勝2試合、第2日に決勝を行いました。決勝の後、全チームを対象としたホームラン競争、オールスターマッチを行いました。
 閉会式は折原丈雄代表取締役副社長が挨拶をし、大会を締めくくりました。
 大会運営の「港区少年軟式野球連盟」、後援の「一般社団法人 日本プロ野球名球会」「アンダーアーマー総代理店 ドーム」および、映像の「ジェイコム東京 港・新宿局」、試合球提供の「ナガセケンコー」のご協力に感謝申し上げます。