王二世、清宮がんばれ

日本ハムの大物新人・清宮幸太郎に、早実の大先輩:・王貞治の再来と期待する声が多い。私も応援している。ただし、危惧も抱いている。
 王には川上哲治監督がいた、荒川博コーチがいた。しかし、清宮にこういうプロフェッショナルが出現するかどうか、である。
 王は1959年(昭和34)に巨人に入団したが、期待の打撃で振るわず、「オー、オー、三振王」と言われた。見かねた川上監督がが、王を中学時代から知っていた毎日オリオンズの荒川をコーチに招いた。
 巨人出身でないばかりか、プロでもあまり実績を残していない荒川だったが、川上は「キミの仕事は王を一人前の打者にすることだ。あとは何もしなくていい」と言い放った。62年のことである。
 以来、2人は七転八倒しながら猛練習を繰り返しついに荒川が「2本足で打てないんなら1本足で打て!」と命じ、7月1日の試合で1本足の第1号をマークした。
 「清宮に荒川コーチがいるか」。これが言いたいことである。高校時代にいくら才能があっても、プロの世界で飛躍するのには“強烈な師匠”必要なのである。清宮にもそういう師匠が現れることを心から願いたい。(高田実彦=東京中日スポーツ)